トークンエコノミーとはー仮想通貨が創る新たな経済圏

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

ビットコイン、イーサリアム等の仮想通貨が盛り上がりをみせる昨今、その影響は金融業界だけでなく様々な業界にまで及んでいます。しかし、これら仮想通貨は単に周りに影響を与えているだけではありません。新たな経済圏まで創りだそうとしているのです。その経済圏の名を人々はこう呼びます。

「トークンエコノミー」。

仮想通貨が創る「トークンエコノミー」とは、一体どのような経済圏なのでしょうか。そして今後、どのようなインパクトを世間に与えていくのでしょうか。

仮想通貨が実現する「トークンエコノミー」

トークンエコノミーとは

「トークンエコノミー」とは、仮想通貨(代替通貨)によって創られる経済圏です。

トークンとは日本円やアメリカドルといった法定通貨の代わりに使用される「代替通貨」のこと。ブロックチェーン上で発行される独自通貨ともいわれ、発行するための技術さえあれば誰でもトークンを発行できるということが特徴です。

つまり、トークンエコノミーとは企業や個人が発行したトークンで様々な決済が行われる経済圏のことをいいます。

仮想通貨とは

「トークンエコノミー」を知るうえで欠かせないのが、仮想通貨。紙幣や硬貨みたいに実態はないものの、お金としての“価値”を持つ通貨です。インターネットを通じ、不特定多数の間で物品やサービスの対価として使用できます。

仮想通貨に関しては、「仮想通貨とは-仕組みや種類をわかりやすく解説」に書かれています。

では、トークンと仮想通貨の違いはなんなのでしょうか。

明確な定義はないのですが、独自のブロックチェーン技術を使用して開発されたモノを仮想通貨(例:ETH、XEM等)、既存の技術を用いて開発されたモノ(例:Zaif、XCP等)をトークンと呼ぶのが一般的です。

加えて、仮想通貨は総発行量が決まっているのに対して、トークンは発行者が同供給量を操作することができることも違いの一つです。

ZaifやXCP、FSCCといったトークンはZaifという取引所で購入できるので、トークンに関心のある方はZaifで口座を開設してみてはいかがでしょうか。

Zaif口座の開設はこちらから

 

従来のエコノミーとの違い

従来までは、国が日本円やアメリカドルなどの法定通貨を発行して、それを食べ物や車といったモノと交換することが一般的でした。しかしながら、「トークンエコノミー」は従来の経済圏とは全く異なります。

トークンエコノミーでは、個人が自分のトークンを発行し、それを販売することができるようになるのです。

いわゆる、個人が自分の時間や価値を販売できるようになる経済圏、それが「トークンエコノミー」なのです。

トークンエコノミーの例

トークンエコノミーを象徴する例として今回、「VALU」をご紹介させていただきます。

「VALU」

VALUは、だれでも、かんたんに、を発行できるサービスです。カンタンに発行して、好きな価格をつけて、他の人と売り買いすることができます。(VALU 公式HPより引用)

株式会社VALUが運営するサービスです。個人が「My VALU」を発行し、それを他の人々がビットコインで購入することができます。そのため、個人でも資金調達ができるようになりました。

また、発行者が優待を発行している場合、VALUを購入した人はその恩恵を受け取れます。加えて、発行者の知名度や人気が上がった場合、値上がり益も期待することもできます。

このように、VALUでは個人の価値が完全に見えるようになってきます。

トークンエコノミーのメリット・デメリット

 

メリット

トークンエコノミーのメリットとしては何と言っても、誰もがトークンを発行することで資金調達ができることでしょう。従来だと、資金を調達するには銀行の厳しい審査を通貨しなければならなかったり、会社を設立しなければなりませんでした。

しかしながら、トークンエコノミーという経済圏の中では、誰もがトークンを発行し、資金調達を行うことができるようになりました。

まさに、従来の「当たり前」をひっくり返そうとしているのです。

デメリット

デメリットとしては、個人の価値が明確に見えてしまうところでしょうか。今までは人気や才能は定性的に評価される時代でした。

しかしながら、VALUのように個人の価値を売買できるようになったことで、定性的な評価だけでなく定量的な軸でも評価されるような時代になってきました。

いわゆる、個人の価値がより重要視されるようになってきたのです。

スポンサードサーチ

トークンエコノミーの今後

 

トークンエコノミーという新たな経済圏

トークンエコノミーは現在、個人での資金調達を可能にしたり、国の境目を超えたやり取りが容易にできるようにするなど、様々なところにインパクトを与えています。

しかしながらその反面、個人の価値が見える化する時代が生まれているのも事実です。市場での価値が高い人間の時間は高く売買されたり、トークンという仮想通貨にて個人の価値が決まってきます。

トークンエコノミーという経済圏が個人にとって住みやすい世の中になっていくのか、それとも生きづらい世界になるかは分かりません。ただ少なくとも、今後トークンエコノミーに注目は集まるでしょう。

さいごに

今後、一部の人々は従来の「エコノミー」に加え、仮想通貨が創りだす「トークンエコノミー」の経済圏の中でも過ごすことになっていくでしょう。

トークンエコノミーにはメリットもあれば、もちろんデメリットも存在します。しかしながら、それは従来の経済圏でも同様なことがいえます。

「新たにできた経済圏の中でどうやって過ごしていくか。」

我々はまず、そこをしっかりと考えていく必要があるのかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る