パブリックチェーンとプライベートチェーンの違いとは|短編 現役エンジニアが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

パブリックチェーンとは?

これはブロックチェーンの取引履歴を公開しているチェーンのことでパブリックとは、日本語で公開を意味する言葉であり

・取引履歴を公開しており、誰でも閲覧ができる

・誰でもネットワークに参加できる

・分散型の合意形成システム。PoWやPoSでの取引承認を行う。(こちらについては別カリキュラムを参照してください)

仮想通貨ではビットコイン・イーサリアム・ネム・ライトコインなどがパブリックチェーンのコインです。

パブリックチェーンのメリットは?

・不特定多数のノードがブロックが生成されるたびに取引の検証・共有を行なっているため、改ざんが非常に困難。

・誰でもネットワークに参加することができ、取引履歴を見ることができる。

・誰でもマイナー(採掘者)になれる。

パブリックチェーンのデメリットは?

・取引が完了するまでのスピードが遅い。

・多くの取引を行うと手数料が高くなる。

・メリットでもあるが、全ての取引を見ることができる。

プライベートチェーンとは?

続いてプライベートチェーンですが、こちらは日本語で「公でない〜」をさすように特定の者にしかみられないようにしているブロックチェーンをさす

・取引履歴を見る、取引承認することは特定の者にしかできない

・ネットワークに参加しているのは特定のもののみ

仮想通貨ではリップルが代表的です。(リップルはコンソーシアム型ブロックチェーンとも呼ばれています)

プライベートブロックチェーンは、少数のネットワークに参加している「ノード」に少なからず分散はされているので、分散化のメリットもある程度あると考えて良いでしょう。

プライベートチェーンはその特性から、企業や銀行が今後本格的導入を検討していく技術になるでしょう。

プライベートチェーンのメリットは?

・承認は特定の少数のものが行うため、取引スピードが早い

プライベートチェーンのデメリットは?

・記録の生成や、取引の承認が一部のものに集中しており、中央集権寄りとなっている。

・中央集権になると改ざんされる可能性が増す。