ビットコインの仕組みとは|現役エンジニアが解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

あなたはビットコインの仕組みが気になりませんか?

誰かが管理しているわけではないのに、ひとりでに通貨として成り立ち自動で送金・決済がされている・・・。

このビットコインがどのように動いているか気になりませんか?

ビットコインはブロックチェーンという技術の上に成り立っている仮想通貨です。筆者はブロックチェーン大学校に通ってビットコインがどのような仕組みで動いているのか学んで参りました。

この記事ではビットコインの仕組みをわかりやすく解説いたします。ぜひ参考にしてみてください。

出典:経済産業省

ビットコインの仕組みはブロックチェーンという技術の上に成り立っています。

図にもありますが、マイニングという世界のどこかでビットコインの処理計算をしている機械(いろんな人がマイニングしている)があり、その機械の処理によって計算された値がブロックとして繋がれていき一つのチェーンとなります。

また、マイニングしている人たちはマイニングで処理をした結果につき手数料としてビットコイン をもらうことができるのでマイニングを行います。そうしたマイニングによってビットコインが成り立っています。

また、一言でいうとブロックチェーンは分散台帳技術とも言われます。よく勘違いをしてしまうのですが、ビットコインというコインそのものは存在しません。あくまでもブロックチェーン上に記録されている数字を参照しているにすぎません。

 

ビットコインの仕組みは儲かる?

さて、ビットコインの仕組みに関して筆者がよく聞かれるのですが結論から言いますと儲かりません。

通常の通貨と同じです。

ブロックチェーンは一種のサーバーと同じです。

普通のサーバーは企業が持っていたりしますよね?そして普通はそのサーバーを企業が管理し、費用を支払っています。

ただ、ブロックチェーンにはどこかにサーバーはあるわけではありません。あくまでネット上に存在してるのです。そして不正ができない。これはチェーンと呼ばれる仕組みがあるので不正ができません。1回不正をしようとデータを書き換えると、全てのチェーンと数字の整合性が取れなくなります。

そうした取引はブロックチェーンには登録できないのです。もし不正をしようとするならビットコインのチェーンを全て書き換えないといけません。

そしてもはやどの国家のスーパーコンピュータを用いてもビットコイン のブロックチェーンはもう改ざんすることができない長さまで来ていると言われています。

こうした理由からブロックチェーンは、ネット上にあるサーバー代がかからないサーバーだとお考えください。その仕組みが儲かるかどうかは、ご自身でブロックチェーンを使ったアプリを作成してみるとわかるかと思います。

筆者の考えでは、物は使いようというところが結論ですねえ。

スポンサードサーチ

ビットコインマイニングの仕組み

こちらは冒頭で説明しましたが、ビットコインのチェーンに記録するための処理がマイニングです。

世界中のマイナーたち(マイニングをしている人々)が日々ビットコインの送金計算処理を行うことで手数料を得ようとマイニングをしています。

ちなみにマイニングは専用の機器を使って行います。それが下記のASICと呼ばれる機械などです。

マイニング自体はこれらの機器を揃えればできるのですが、ビットコインの価値が下落している現在、マイニングは採算が取れなくなっていると言われています。

機材自体も高いので、これからマイニングをされる方はよく検討して始めた方が良いでしょう。

 

ビットコインの危険性

さて、ビットコイン の危険性ですが考えられるのは以下の2つがあるでしょう。
1、間違えたアドレスに送金してしまう(銀行送金のように修正することはできない)
2、ウォレットのパスワードを無くしてしまい、保有しているビットコインを取り出せなくなる。(厳密にはウォレットにアクセスできないので送金も何もできなくなる)

上記2点が考えられます。

1つ目の危険性ですが、冒頭で説明したようにビットコインの全てを誰かが管理しているわけではありません。なので、一度間違ったアドレスに送金してしまいますと、世界の誰かのウォレットに送金してしまうのと同義です。ですので、慎重に送金はしないといけません。

2つ目に関しては私の知人で起きた事件です。ビットコインには財布のようなものがあり(ウォレットという)そのウォレットにアクセスするパスワードを忘れてしまったという事件です。彼は大金をそのウォレットに入れていましたが、パスワードを忘れてしまったため、もうビットコインを取り出すことができなくなってしまっています。

このようにビットコインにはリスクもあり、一般の人々が使いこなすにはかなりハードルが高いと言わざるを得ません。

ビットコインの今後

さてこれは筆者の見立てですが、ビットコインの今後はアメリカや中国の動き次第といって良いでしょう。アメリカではETFとして検討されているようですが、上記で申した通り、一般人が使いこなすにはビットコインは非常に難しい代物です。

一般人には通貨としてはあまり広がらず、1種の証券として成り立つ可能性が非常に高いです。価格も激しい上げ下げを繰り返していくことと考えられます。

もしかするとデフォルトの危機にさらされている国が通貨として導入するかもしれませんね。

決済としては、日本では電子決済サービスが流行ってきていますので、今はそちらが拡大していく時期で、ビットコインはその特性から決済として使われていくのは微妙でしょう。

ビットコインという誰も管理していない通貨が一つの壮大な実験として果たして成功となるか失敗となるか今後も目が離せません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る