ライトニングネットワークとは|少額支払いを可能にする新技術

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

情報技術が発達し、ブロックチェーン技術を使用した仮想通貨は人気を博しています。仮想通貨が使える店やサービスの増加、送金時にも手数料がかからないなど、仮想通貨の需要は年々増すばかりです。今後、仮想通貨を利用できる店舗やサービスはさらに増えていくでしょう。

しかし、仮想通貨にはいくつか欠点があります。その中の一つが、一回の取引に手数料がかかるため少額取引にあまり向かないこと。それを問題に対するソリューションがでてきました。

そのソリューションの名は「ライトニングネットワーク」。

このライトニングネットワークが実装されれば、少額取引でも手数料を無料にすることができるのです。

取引量を一気に拡大する「ライトニングネットワーク」

 

ライトニングネットワークとは

ライトニングネットワークとは従来不可能であった仮想通貨の少額取引を可能にする新たな仕組みです。

通常の取引では、少額の仮想通貨の取引を行う場合でもマイナーへの報酬として支払う手数料がかかってしまいました。特に1satoshi(=0.00000001BTC)というかなり少額の取引は、取引額よりも手数料が高くついてしまうため、困難とされていました。

しかしながら、このライトニングネットワークという技術が導入されればその問題が解決されると考えられています。

なぜなら、ライトニングネットワークはマイクロペイメントを多者間で行うことで、支払いチャネルのネットワーク化を可能にしたからです。

マイクロペイメントチャネルとは

 

ここでは、ライトニングネットワークを理解する上では欠かせないマイクロペイメントチャネルについて解説させていただきます。

マイクロペイメントとは、二者間の取引処理をブロックチェーンの外で管理・実行するという仕組みのことです。

例として、上記画像をみていただくといいでしょう。従来だと取引するたびにその内容がブロックチェーンに記載されていく仕組みでした。ゆえに、取引するたびにマイナーへ手数料を支払う必要がありました。

マイクロペイメントはこの仕組みと違います。マイクロペイメントは、二者間の最初と最後の取引内容だけをブロックチェーンに記載します。やりとりが何十回行われていようが、かかる費用はブロックチェーンに取引内容を記載した時のみのため、本来かかるはずであった手数料が無料となるのです。

ライトニングネットワークの仕組み

 

ライトニングネットワークはマイクロペイメントが多者間で行われる仕組みのことです。

例えば、AからDへ送金する場合。上記の図のようにAとDが直接的につながっていなかったとしても、BとCを経由してペイメントチャネルが間接的につながっていれば、BとCへの信用がなくても取引することができるようになります。

これがライトニングネットワークの仕組みです。

では、なぜBやCを経由するにもかかわらず、この二人を信頼しなくてもいいのでしょうか。

BとCへの信用がなくても構わないのは、間に入る誰も持ち逃げできないように、Hashed Time-Lock Contract(HTLC:ハッシュ化されたタイムロック契約)取引という仕組みが考えられているからです。

ライトニングネットワークのメリットとデメリット

 

メリット

ライトニングネットワークのメリットは何と言っても少額取引時に手数料がかからないということと取引承認にかかる労力の削除でしょう。取引を終了する時のみ手数料が発生するため、その前に何千もの少額取引を行おうとも、手数料は発生しません。

加えて、マイナーによる承認の過程がなくなるため、取引速度が従来と比べて格段に早くなります。

デメリット

デメリットとしては、まず実装までにsegwitが採用されることが前提にあります。

segwitとは、取引のサイズを圧縮することで、ブロックに入るデータ量を増やそうとする取り組み。このsegwitが採用されるには、支持率が75%を超えた状態(ロックイン)で1〜2週間ほど経過しなければなりません。しかし、取引手数料による収入の低下や政治的要因から、反対している人も多いということが現状です。

また、実際に実現したとしても経由地の分散化や法的な問題などいくつか超えなければならない障壁があるのも事実です。

スポンサードサーチ

ライトニングネットワークの活用方法

ライトニングネットワークが実装されると、様々な恩恵を受けることができます。例えばコイン詰まりの解消。

現在、仮想通貨の価値が急上昇しており、その取引数も日に日に増加していっています。そのためか、コイン詰まりが発生してしまい、手数料が高騰化するといった事態が発生しました。ライトニングネットワークが実現されれば、取引量を一気に拡大できるため、このような問題が解決されます。

加えて、今後市場が拡大すると考えられている、IoTのようなマシンtoマシンの秒単位の少額取引が可能になってきます。

仮想通貨のさらなる発展において、ライトニングネットワークは必要不可欠な仕組みなのです。

さいごに

送金時間の短縮化や取引手数料の低料金化を可能にする「ライトニングネットワーク」。この技術が実装されれば、さらに仮想通貨の価値は上がっていくでしょう。現に、ライトコインように期待値から値上がりしている仮想通貨もあります。

実装までにはいくつか超えなければいけない壁がありますが、それを乗り越えれば仮想通貨業界にさらに革新が起きることでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る