仮想通貨とは?仕組みや種類をわかりやすく解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

世界中から注目を集め、日本でも話題となっている「仮想通貨」。耳にしたことはあるが、それが一体何なのかはわからない、という方も多いのではないでしょうか。言葉だけを聞くと、実在しないもの・価値のないもののようにも思えます。

今回は、そんな「仮想通貨」の仕組みや種類について、初心者でもわかりやすく解説します。

仮想通貨とは?

実体のない“仮想”通貨といえども、実は紙幣や硬貨のように“価値”を持つのが仮想通貨。インターネットを通じ、不特定多数の間で物品やサービスの対価として使用できます。

さらに、不特定の人と売買などの取引も可能です。仮想通貨がなぜ価値を持つのか、どのような仕組みで成り立っているのかを解説します。

仮想通貨の仕組み

仮想通貨とは、インターネット上に存在するお金のことで、実物の紙幣や硬貨は存在しません。ブロックチェーンという新技術によって生まれました。

ブロックチェーンとは、仮想通貨の取引データ技術のことを指します。仮想通貨の取引データ履歴がいくつかまとめられたものが「ブロック」で、これらは暗号化されています。

このブロックを、不特定多数の仮想通貨ユーザーが手分けして承認し、記録をチェーンのようにして繋ぎ追加していきます。これにより、取引記録の改ざんなどの不正を、実質不可能にする技術なのです。

さらに、ブロックチェーンはユーザー全員のコンピュータで分散して管理する、「分散型台帳技術」です。国や銀行などの公的機関が管理していないので、システムがダウンすることはなく、特定の管理者にコントロールされることがありません。仮想通貨は、このような仕組みで成り立っているのです。

では、なぜ仮想通貨が価値を持つのでしょうか? それは、仮想通貨がユーザーの信用の上に成り立っているからです。私たち日本人が、日本銀行が発行した紙幣・硬貨に価値を持つことと同じように、高度なブロックチェーン技術で生み出された仮想通貨に信用があるから、価値が生まれるのです。

仮想通貨の入手方法

仮想通貨の入手方法は、所有者からもらったり、ポイントサイトを利用したり、仮想通貨専用のATMから購入したりするなど、いくつかあります。その中でも安全に効率良く入手できる方法は、「取引所」で購入することです。

仮想通貨は、外貨と同じように売買することができます。この売買は、「取引所」と呼ばれるWEBサイトで行われています。

取引所は、仮想通貨を売りたい人・買いたい人のマッチングサイトのようなもので、仮想通貨を持つ人が希望価格を提示し、それが欲しい人の希望に沿っていれば売買が成立(約定)します。

売る人が少なく、買いたい人が多ければ高値で売ることもできるし、その逆もあります。つまり、仮想通貨も、需要と供給のバランスで価値が変動するということです。

取引所以外に、「販売所」で購入することもできます。こちらはユーザー同士で売買する取引所とは異なり、販売所の設定した価格で売買することになります。取引所と違いマッチングする必要がないので、すぐさま売買できるのがメリット。

しかし、価格には販売所の手数料も含まれるので、取引所に比べると割高での購入・割安での売却になってしまうことも多いようです。需要と供給のバランスによっては、取引所で売買するよりもお得に購入できることもあります。

仮想通貨の保管方法

取引所で入手した仮想通貨は、そのまま取引所に保管しておくことができます。仮想通貨を安全かつ便利に使いたい場合は、「ウォレット」での管理をおすすめします。

ウォレットはお財布のようなもので、仮想通貨の保管と、送金や受け取りが可能。いくつか種類がありますが、

・ネットワークに接続して使用する「ホットウォレット」

・オフラインで使用する「コールドウォレット」

の2つに大別されます。

「ホットウォレット」には、

・「WEBウォレット」

・「モバイルウォレット」

・「デスクトップウォレット」

の3種類があります。「WEBウォレット」は、開設が簡単で、どのコンピュータからもアクセスできるので便利です。

それゆえハッキングなどのリスクもあり、セキュリティに関しては管理会社に任せることになるので、他のウォレットに比べてセキュリティ面での不安が残ります。

「モバイルウォレット」「デスクトップウォレット」は、ソフトウェアやアプリをダウンロードし、スマートフォンやパソコンで使用できます。簡単に作成することができ、初心者でも導入しやすいでしょう。

スマートフォンを使って店舗で頻繁に決済をする場合や、パソコンから送金をすることが多い方には便利なウォレットです。オフラインにすれば、コールドウォレットとして使用することもできます。

ただ、どちらもネットに繋がることもあるので、WEBウォレットと同じように、セキュリティが完璧だとは言い切れません。

「コールドウォレット」には、

・紙に仮想通貨の情報を入力して保管する「ペーパーウォレット」

・専用のハードウェアに保管する「ハードウォレット」

の2種類があります。どちらもオフラインでの保管になるので、セキュリティ面では安全性を確保できます。

「ペーパーウォレット」は、任意の金額分の情報を印刷すれば、紙幣のような使い方もできます。QRコードを読み込む専用の機械がある店舗でないと使用できないというデメリットもありますが、保管しておくことの方が多い方にはおすすめのウォレットです。

とはいえ、消失や紛失すると同時に仮想通貨も失ってしまうことになるので、保管には注意が必要です。

「ハードウォレット」は、USBメモリのように、パソコンに接続して仮想通貨の情報を転送して保管します。インターネットに繋ぐ必要がないので、高い安全性を保つことができます。

こちらも、紛失したり壊したりしてしまった場合は仮想通貨を失ってしまう場合もあるので、注意が必要です。データの復旧ができるハードウォレットもあるので、購入時にはよく確認しましょう。

おすすめウォレットは以下の二つです。筆者はトレザーを主に使用しています。

余談ですが、仮想通貨は絶対にウォレットに入れるようにしましょう。

取引所に入れっぱなしは絶対にいけません。

取引所がハッキングされると全てのコインやお金が取られることになります。

必ずコインやお金は引き出して、取引所には残さないようにしましょう。

ローカル環境で使用されたい方はぜひご活用ください。

仮想通貨を学ぶのに最適な書籍3選

本章では、仮想通貨への知識をより深めたい方におすすめの書籍を3つご紹介します。

仮想通貨革命

ブロックチェーン技術や、仮想通貨そのものが社会にもたらす影響や可能性など、広い観点での「仮想通貨」を捉えた本書。ファイナンスの専門家である野口 悠紀雄氏の深い洞察が記されています。

仮想通貨を代表するビットコインを中心に、その他のコインについても、事例を交えてわかりやすく解説されています。

また、仮想通貨のみならず、「通貨」そのものについての問題点についても触れられているので、これからの通貨を考える上で非常に考えさせられる内容でもあります。

ブロックチェーン革命

仮想通貨を支える、ブロックチェーン技術に焦点を当てた本書。技術面の説明はもちろんのこと、金融以外への応用について、具体的な活用法も紹介しています。

ブロックチェーンが従来の常識を一変させる可能性を持つ技術であるとともに、それがどのような懸念を生み出すかについても言及されているので、ビジネスの先行きを見据えたい方には特におすすめの一冊です。

中央銀行が終わる日

日本銀行出身で経済学者の岩村 充氏が、金融の視点から見た仮想通貨について記した一冊。仮想通貨の歴史や将来性について考察し、金融政策に取り入れた場合にどのような変化をもたらすのかを著しています。

金融に関しては、日本銀行の金融政策がなぜ功を奏していないのか、マイナス金利の限界など、現代の金融についての論理からわかりやすく丁寧に解説されているので、金融に明るくない方でも安心して読めます。

スポンサードサーチ

仮想通貨の種類

 

700種類あると言われている仮想通貨。今後も種類が増えていく可能性があります。本章では、その中でも特に代表的な5つの仮想通貨をご紹介します。

ビットコイン

「ビットコイン」は、2008年にナカモトサトシによる論文をもとに開発された、世界初の仮想通貨です。これまでに世界で最も流通している仮想通貨で、日本ではビックカメラなど、決済にビットコインを使用できる店舗も徐々に増えてきました。

ビットコインでの決済は、今後さまざまな場面で可能になることが期待されています。

イーサリアム

「イーサリアム」は、2014年に構想されたプロジェクトのプラットフォームの総称。現在はイーサリアムと呼ばれることがほとんどですが、プロジェクト内で使用される仮想通貨「イーサ」が正式な名前です。

イーサリアム最大の特徴は、売買情報と一緒に契約情報も記録・管理する「スマートコントラクト」という技術を利用していること。時価総額はビットコインに次ぐ第2位で、技術面でも特に期待が寄せられています。

ビットコインキャッシュ

「ビットコインキャッシュ」は、2017年8月に、ビットコインから分裂し派生した新しい仮想通貨です。ビットコインとほぼ同じ機能を持つ仮想通貨ですが、大きく異なる面があります。それは、ビットコインのデータ容量が1MBに対して、ビットコインキャッシュは8MBあること。

これにより、ビットコインよりも早い速度で取引を処理することができます。多くのユーザーがビットコインを取引することで、送金手段が慢性化する「スケーラビリティ問題」を解決する仮想通貨として話題となりました。

ただ、筆者はあまりこのコインは好きではありません。主に中国の取引所や中国当局が絡んでいるとの情報が取りざたされているからです。

中国当局の対応次第では今後なくなることも考えられますので、購入をご検討中の方はくれぐれもご注意ください。

リップル(XRP)

「リップル」は、アメリカのリップル社が開発した金融商品の決済・送金のシステムのことで、仮想通貨の正式名は「XRP」です。日本円やドル、ユーロなど、さまざまな通貨の橋渡し役を担う、「ブリッジ通貨」としての機能を持つことが大きな特徴です。

リップルには、Googleの子会社Google Venturesが出資。さらに日本では、三菱東京UFJ銀行が海外送金にリップルを活用するとのニュースも報道され、注目を浴びています。

ライトコイン

ビットコインはナカモトサトシによる論文をもとに、世界中のプログラマが開発に携わったものですが、「ライトコイン」はチャーリー・リー氏たった1人で開発された仮想通貨です。

ビットコインに非常によく似た仮想通貨ではありますが、最大の特徴はビットコインの送金時間の4分の1、約2分半で送金が完了すること。日常生活における利便性を意識して開発されています。

ネム

NEM(ネム)は仮想通貨の1種です。公式サイトはhttps://www.nem.io/index.html です。

仮想通貨ではビットコインが有名ですが、日本ではNEMも人気があります。2017年の春頃から値上がりしており、これから大型のアップデートも予告されている、最近注目の仮想通貨です。

NEMの名前は「New Economy Movement」の頭文字を取ったもので、2015年の3月31日に公開されました。NEMで使われている通貨はXEM(ゼム)と呼ばれています。現在の総発行量は8,999,999,999XEMです。

少数の人間に資金が偏らないように設計された仮想通貨なので、マイニング(採掘)による新規発行はありません。報酬はハーベスティングと言うかたちで、NEMのネットワークに貢献する人に分配されます。

ブロックチェーンのプラットフォームはビットコインのブロックチェーンを改良したもので、取引を処理するスピードがかなり速いのも特徴です。

上記が主なコインですが、他にも数多くのコインが現在でも作られてきています。

ですが、中には怪しいコインがあることも確かです。購入の際にはくれぐれも注意し、情報収集を怠らずに行動することが重要です。

仮想通貨の現状と将来性

仮想通貨について「胡散臭い」「一体何なのかわからない」と言う人も多い中、仮想通貨の時価総額やユーザー数は増え続けています。それだけ多くの人が、仮想通貨を信用し、期待を寄せているのだということが伺えます。

しかし、価格が安定しなかったり、新しいコインもどんどん増えたりと、仮想通貨の先行きはまだ不確か。まだまだ黎明期であると言えます。

仮想通貨の購入を検討する場合、まずは知識をしっかりと身につけることが重要です。そして、さまざまなメリットやデメリットを踏まえた上で、まずは少額から始めてみることをおすすめします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る