暗号通貨の仕組みとは?初心者にもおすすめの暗号通貨や取引所をご紹介

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

みなさんは、暗号通貨という言葉を耳にしたことがあるでしょうか。SNSやテレビのニュースなどでも話題となっている暗号通貨ですが、その仕組みや使い方について知っている方はまだまだ多くないかもしれません。

この記事では、暗号通貨の基礎と、実際に使用する際に役立つ知識をご紹介します。

おすすめ暗号通貨ランキング 一覧ビットコインや様々なアルトコインから、人気の4種類をご紹介

ビットコイン

ビットコインは2009年に世界で初めて発行された暗号通貨です。ビットコインはSatoshi Nakamotoという謎の人物が2008年にネット上に発表した論文によって始まりました。現在は流通量が150億ドルを超え、安定もしている人気の通貨です。

ビットコインの特徴として、

・発行できるコインの上限が2100万BTCと定められており、インフレを最低限に抑えている

・アドレスを指定すれば、世界中の誰にでも無料で送金可能

・ブロックチェーンにおけるブロック生成には10分程度の時間を要する

などが挙げられます。

イーサリアム

ビットコインに次ぐ時価総額を誇る暗号通貨、イーサリアム。その特徴は「スマートコントラクト」という独自の概念です。

スマートコントラクトとは、「ブロックチェーン上で自動的にプログラムを実行させる技術」です。ブロックチェーンのブロック内には取引情報が格納されますが、イーサリアムでは取引情報に加えて、契約条件や履行内容をプログラムで記述できます。

たとえば、何かを契約する際には、通貨だけでなく契約書も一緒に送ることが可能なのです。通常の契約で必要となる第三者の仲介が、スマートコントラクトでは不要になり、より直接かつ安全な取引が可能になります。

また、分裂のタイミングでビットコインを保持していた人には、持っていたビットコインと同量のビットコインキャッシュが自動的に手に入ったことが話題になりました。時価総額もイーサリアムに次ぐ勢いで、今後の動向も注目されるでしょう。

ただ、そもそもイーサリアムの成り立ちが資金調達目的だけ(創業者がイーサリアムを使っての資金調達を行った)なのではないかと言われているからです。

今はロシアが主に注目しているようですが、筆者はイーサリアムは積極的に使おうとは考えておりません。

ライトコイン

ライトコインは、2011年に元Google社員であったCharles Lee氏がGithub上で公開し、開始されたものです。基本的な仕組みはビットコインと同じですが、ライトコインは上限発行量が8400万LTCでビットコインの4倍となっています。また、承認目安時間は2.5分でビットコインよりも早く取引を完了できます。

NEM

NEMは”New Economy Movement”の略であり、金銭的な自由や平等を掲げて新たな経済圏を創ろうと設立されたプロジェクトです。

NEMの特徴は、富の配分の偏りを減らすために独自に開発された「プルーフ・オブ・インポータンス」という仕組みです。コインの保有量に加え、どれだけ取引をしているかという、NEMコミュニティ内での「重要度」が高いユーザーからブロックを生成し、報酬を得られるような仕組みを持っています。

ただし、NEMの採掘(NEMではハーベストと呼ぶ)は同じアドレス同士で行っても、ハーベストが頻繁に行われるようにはなりません。その点もきちんと認識されているのですね。

おすすめの暗号通貨の取引所にはどんなものがある?

取引所では、暗号通貨の売買が行われます。暗号通貨の取引所には様々な種類があり、取り扱っている通貨の種類や利用できるサービスに違いがあります。おすすめの取引所を3つご紹介します。

bitFlyer

bitFlyerは2014年に日本では初めて設立されたビットコインの取引所です。その特徴は強い資本力で、リクルートやGMOインターネット、SMBCなどの大手企業が多く出資しています。ビットコインの無料プレゼントキャンペーンや、Facebook連携で簡単に口座開設も可能で、初めてビットコインを扱う方にも安心で易しい取引所と言えるでしょう。

 Zaif

2015年に設立された取引所で、日本のテックビューロ株式会社が運営元です。堀江貴文氏が監修した取引所であることでも知られています。取引手数料をマイナスにすることができたり、毎月固定額を銀行口座から自動引き落としにすることで、希望の金額を積み立てることができるサービス「Zaifコイン積立」もあります。

スポンサードサーチ

仮想通貨を学びたい方へ!おすすめ書籍4選

仮想通貨についてもっと知識を深めたい方に、おすすめの書籍をご紹介します。

仮想通貨革命

元大蔵省での経験も持つファイナンスの専門家・野口悠紀雄氏が、仮想通貨による社会の変化や問題について解説しています。

Mastering Bitcoin

ビットコインの基本概念をわかりやすい文章や図表を使いながら解説している、FinTechバイブル決定版の邦訳書です。

ブロックチェーン革命

ブロックチェーンに焦点を当て、その技術や利用例、金融以外での用途、社会構造に与える影響などを解説しています。

ビットコインとブロックチェーンの思想

哲学・思想の側面からビットコインとブロックチェーンに言及しています。『仮想通貨革命』の野口悠紀雄氏のインタビューも掲載されています。

基礎編 そもそも暗号通貨とは?

 

そもそも暗号通貨とは、一体何でしょうか。そして、どのような仕組みで成り立っているのでしょうか。この章では、暗号通貨の基礎を説明していきます。

暗号通貨と仮想通貨の違い

暗号通貨と同時に、仮想通貨という言葉を耳にしたことがある方もいるのではないでしょうか。まずは、暗号通貨と仮想通貨の違いを明確にしていきましょう。

実は、暗号通貨と仮想通貨に意味の違いはなく、根本的には同じものを指しています。暗号通貨という言葉は、

「暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をしている通貨」

出典:仮想通貨投資入門「仮想通貨と暗号通貨の違いとは?」

という通貨の仕組みを表す意味合いから成り立っています。暗号通貨の一種であるビットコインの正式名称が、英語で”Cryptocurrency”と表現されていたことも、暗号通貨と呼ばれるようになった理由といえるでしょう。なぜなら、”Crypto”は「暗号」を意味するからです。

一方で仮想通貨は、一般的に人々がイメージしやすいようにと、マスメディアが好んで使用している呼び方です。日本では暗号通貨よりも仮想通貨の呼び名がメジャーになってきています。また、オンラインゲーム等でアイテムを購入する際に使うコインも、仮想通貨と呼ぶことができます。

暗号通貨の仕組み

暗号通貨はどのような仕組みで成り立っているのでしょうか。

暗号通貨の仕組みを理解する上で重要となるのが、「P2Pネットワーク」です。P2Pとは”Peer to Peer”というネットワークシステムであり、ネット上で対等関係の端末同士で情報交換をする通信方式のことです。

金融機関などは通常、データをメインコンピュータ、サーバー等で管理する「中央集権システム」を使用していますが、暗号通貨においてはデータを世界中のコンピュータに分散させる「P2Pネットワーク」を使用しています。つまり暗号通貨には、中央銀行や国のような管理主体が存在しないのです。

では、管理主体が存在しない暗号通貨のシステムが維持できているのは、なぜでしょうか。

中央集権システムでは、一つのメインコンピュータがハッキングされたり問題が起こったりすると、簡単にデータの偽造ができてしまいます。しかしP2Pネットワークのシステムでは、データの拠点が世界中に分散されているので、一つの拠点に不具合が起こっても他の拠点でシステムの動きをカバーできます。

ここでいう拠点とは、ノード(各パソコン)を指します。

ビットコインネットワークに組み込まれている世界中全てのコンピュータを完全に破壊することは不可能なので、取引データを偽造される可能性が極めて低いというメリットがあります。

まさに分散型の仕組みと言えます。

暗号通貨がネット上で成立しているもう一つの理由に、ブロックチェーンという仕組みがあります。ブロックチェーンは、通貨の二重譲渡や偽造を防ぐ役割を果たしています。

ブロックチェーンは言い換えてみれば、分散管理台帳です。過去の全取引記録が記載され、正しく行われた取引記録の積み重ねで成り立っている台帳です。

この分散台帳が世界中のノードに記録されているのです。

さらに、ブロックチェーンは世界中のコンピュータに分散されており、その取引データも第三者に全て開示されています。ただし、取引記録は匿名で行われ、個人情報が漏洩することはありません。取引データが開示されていることによって、通貨取引の不正ができないことがメリットとしてあげられます。

ブロックチェーンの「ブロック」は取引情報が集約された塊を表し、「チェーン」は過去から現在まで正しく行われてきた一連の取引情報を表します。暗号通貨取引の際には、過去から現在までの一連の取引記録に、自分の取引情報を連結させる必要があります。

取引が「承認」されると、現在の取引が過去の取引と連結され、取引が成立します。正しい取引記録が時系列でチェーン状に繋がっていく仕組みから、ブロックチェーンと呼ばれています。

また、一度連結されたブロックチェーンは修正や削除ができないため、この仕組みが不正防止の役割を果たしています。

暗号通貨における採掘(マイニング)とは?

さまざまな暗号通貨の種類の中でも人気なのが、ビットコインです。

ビットコインではブロックチェーン生成の際に、過去データと追記するデータの整合性を取ることで、取引を成立させています。整合性を取る作業には膨大な量の計算が必要であり、通常この計算はコンピュータによって行われます。

そして計算を成功させた人には、報酬としてビットコインが支払われますが、この報酬は新規に発行されたビットコインによって支払われます。この新規発行コインを手に入れるまでの過程が「採掘(マイニング)」と呼ばれています。

ビットコインの発行総量は2140年までに2100万BTCと上限が決められているので、マイニングによるビットコインの発行量も無限ではありません。

マイニングはパソコンのソフトウェアが自動的に行うので、計算処理をする必要はありません。しかし、パソコンを起動しておかなければならないので電気代を消費したり、パソコンのスペックが影響したりします。

中国には専門的にマイニングを行う組織(マイニングプール)が存在し、世界中でマイニングされるビットコインの約7割は中国で行われていると言われています。その理由として、中国ではコンピュータ部品が安く手に入ることや人件費が安いこと、そして電気代が格安であることが挙げられます。

アルトコインとは?暗号通貨の種類

暗号通貨には様々な種類があり、全世界では700種以上のコインがあると言われていますが、代表的なものにビットコインがあります。ビットコインは暗号通貨の中でも特に人気を誇り、海外ではビットコインが使えるお店も増えているようです。

アルトコインとは”Alternative Coin(代替コイン)”の略であり、ビットコイン以外の暗号通貨の総称です。アルトコインも、根本的な仕組みはビットコインと同じです。アルトコインが高騰するというニュースもあり、人気のビットコインだけでなくアルトコインにも注目が集まっています。

暗号通貨で私たちの何が変わる?暗号通貨の可能性

ここまで、暗号通貨の仕組みや種類についてご紹介してきました。暗号通貨を使うことによって、世界中の誰にでも手軽で安価に送金できるようになったり、個人間での取引が活発になったり、ブロックチェーン技術を応用したサービスも増えていくでしょう。

日本でも徐々にではありますが、ビットコインを使うことができるお店が増えています。暗号通貨を使ったキャッシュレス決済ができる場面が多くなり、生活は便利になっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る