結果を出すオウンドメディア・サイトの作り方 ペルソナの作り方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

記事を作成するためには誰に向けた記事なのか?が非常に重要になってきます。

ただ、それをどのように決めたら良いのかなどがわからない初心者向けに、この記事ではペルソナとは何かや、ペルソナの作成方法を解説しています。

また、文末にはペルソナ作成のためのテンプレートシートを作成しておりますので、そちらは適宜ご利用ください。

ペルソナとは何か

Googleでキーワード検索する人が、 どのような趣味や価値観があるのかを一人の人間像に落とし込むことをペルソナと言います。

ちなみにあなたのサイトがすでに運営されて時間が経過しているのであれば、性別や年齢はGoogleアナリティクスの「ユーザー>サマリー>年齢、性別」で調べることができます。そこから大まかなペルソナを練りあげましょう。

新しくサイトやメディアを立ち上げる方は、ターゲットとなる顧客をある程度想定し、ペルソナを作成していく必要があります。

ペルソナはなぜ必要か

ユーザー(ペルソナ)を仮定することによって、有益な記事を作成するために必要です。記事の目的を明確にします。

ペルソナ導入により得られるのメリット

1、一人の顧客像(ペルソナ)に対するデータを徹底的に分析することで、ユーザの実態に対する理解を深めることができます。

2、「思い込み」や「関係者間の意識のズレ」を防ぎ、精度の高いユーザ視点を持つことができます。

スポンサードサーチ

ペルソナの一例

筆者は、Google docksシートに以下の内容を書き写し、より具体的にペルソナをイメージするようにしています。こうした方が、情報の提供先が明確になりますし、何の情報を閲覧者がのぞんでいるかを把握しやすくなります。

何を求めてあなたのサイトを訪れたのか?

求めているものの緊急性は高いか?

性別は?

年齢は?

職業は?

居住地は?

家族構成は?

あなたのサイトにはどのデバイスで訪れたか?

使えるお金の額はいくらか?

購入する際の決め手となるのは?

不快なこと、嫌だと感じることは何か?

これらを全て想定して記事を作成していきましょう。また、ペルソナは記事のリライトにも使用していくため記録する必要があります。ですので、下記のテンプレートシートを活用してペルソナを作成し記録して管理しましょう。

ペルソナ作成のためのテンプレートシート

以下は記事作成のための上記の内容を書き写したテンプレートシートです。(ペルソナ作成も含まれています)コピーしてお使いください。

https://docs.google.com/document/d/1ShgRdQG7gb6cR1jIhvN5M9nNgZNV5WiLQh–v7jT4TQ/edit?usp=sharing