結果を出すオウンドメディア・サイトの作り方 5−1章 内部SEO対策

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

この記事では内部SEOでやるべき対策について解説をしています。

サイトのSEO対策をしたいけどどうしたらいいのかわからない方は、参考にしてみてください。

SEOの内部対策とは

Googleに評価してもらい、順位をあげていくためにはやらなければならないことがあります。
1、Googleが見やすいサイトにすること(Googleのbotが巡回しやすいような構造にする)

2、全てのページでGoogleから評価されるように作りにすること

以上です。

全てはGoogleがあなたのサイトを見てくれやすくするためが内部SEOの基礎になります。(コンテンツも良いものであることはもちろん大事です)

内部SEO対策でやるべきこと

では具体的にやるべきことを解説します。筆者が注意していることは以下の2つです

XMLサイトマップをGoogleに送信すること

サイトマップ自体はあなたのサイトの地図になるものです。それをGoogleに提出することでGoogleもあなたのサイトを評価しやすくなり、botも巡回頻度をあげてくれます。

ワードプレスの場合にはプラグインなどで「Google XML Sitemaps」を入れればすぐにサイトマップは取得できます。また、Railsの場合には「sitemap_generator」というサイトマップを使用すればサイトマップを手軽に作成できます。

サイトを更新した場合にも、サイトマップをGoogleに送信すること

そして、サイトの更新のたびにこのサイトマップはGoogleに送信するようにしましょう。

スポンサードサーチ

クローラーが巡回しやすくするための施策

Googleのbotをイメージしたロボット

ここからはGoogleのクローラーが巡回しやすくするための施策になります。

2クリックでサイト全体ページに行けるようなわかりやすいサイトにする

あなたのサイトの構成は今どうなっていますか?ページ遷移が4枚もいくなど深い構造になっていないでしょうか。基本的にGoogleのクーローラーに巡回してもらいやすくするには、2ページまでの深さにした方がいいと言われています。

また、UX(ユーザーエクスペリエンス)的にもあまりページ数が深くなるとわかりづらいサイトという印象を受けてしまいます。ですので、2ページまでの深さで設定しましょう。

パンくずを作成する

次にパンくずに関してです。パンくずもGoogleが巡回しやすくなるためのもので、内部SEO対策では必須です。

Railsで開発していらっしゃる方であれば、パンくずを入れやすくするためのgemもあるのでそちらを導入するとすぐに導入ができます。筆者はgretelとbreadcrumbs_on_railsのgemを試してみました。これは好みが分かれるところだと思いますので、あなたの好みで選定してみてください。

新しいコンテンツを投稿したらFetch as Googleを使用する

これはGoogleのクローラーをあなたのサイトに呼び込むためのものです。これはサーチコンソールから申請することができます。

通常、Googleのクローラー自体は頻繁にあなたのサイトを訪れてくれている訳ではありません。ですので、コンテンツを増やしたりリライトした場合にはFetch as Googleで申請をする必要があります。

詳細はGoogleの公式ページをご覧ください。

ページネーションを作成する

こちらは数字で実装してあげるとGoogleのクローラーが巡回しやすくなります。Railsの場合には、kaminariと呼ばれるgemを使って簡単にページネーションを実装できます。

文書構造を意識してページを作ること

さて、次に文章構造ですがこれも特に重要です。閲覧者的にも書籍の目次にあるような大見出し・中見出し・小見出しの順で、概論から各論へと情報が整理されているととても読みやすいですよね。

ただし、サイトにおいて見出しのタグはそれぞれ使う回数や種類が決められています。

1ページにh1タグは1つ

こちらは読んで字のごとしですが、基本的にh1タグは大見出しなので、そのページのタイトルになります。

h1タグにキーワードを盛り込むこと(できれば左づめ)

そして、記事に使用するキーワードは必ずこのタイトルに盛り込みます。それも左づめで盛り込んでください。これもGoogleがクローラーを巡回しやすくし、評価させやすくするためです。

使うタグはh2、h3タグまで h4タグは使わない

そして、h1タグからはh2タグh3タグまでしか使用しません。また、h2タグの中にh3タグがあるといったように見出しタグは規則的に使用しましょう。

h1タグのすぐ下にh3タグがあるなどはGoogleに評価してもらいづらくなってしまいまし。

また、よくh4タグまで使う方がいらっしゃいますが、それですと閲覧者的にもクローラー的にも読みづらくなってしまいます。基本的にはh3タグまでの使用で大丈夫です。

リンクについて

こちらではリンクについて説明します。リンクには外部リンクと内部リンクが存在します。

内部リンクではサイト内での別記事への紹介などがあります。外部リンクは外の別サイトへ飛ばす際に貼り付けるリンクです。

内部リンク

内部リンクとは、記事内に「こちら」などでアンカーテキストとして貼り付けてある場合です。これも「こちら」だけだとUX的によろしくないので、どこのページに飛ばそうとしているのかをわかるようにしましょう。

また、URLをそのまま貼り付けるのもよくありません。どこに飛ばすためのリンクなのかわかるようなテキストにリンクづけをしましょう

外部リンク

外部リンクでチェックしなければならないことは、

・外部リンクがリンク切れを起こしていないか(リンク先へ飛べない)

・ペナルティーを受けているサイトへのリンクはだめ

です。上記は徹底的に排除しなければあなたのサイト自体の評価が落ちてしまいます。外部リンクは常に注意して行うようにしましょう。

画像にもファイル名をきっちり設定すること

さて、これはワードプレスでも自己開発アプリのコンテンツでも良いのですが、退治なのは画像のalt属性にも、その画像が何の画像なのかを詳しく記載することです。

これ自体は閲覧者のために何の画像なのか?ということを明示しているUX(ユーザーエクスペリエンス)をあげるための施策なので、特にSEOに大きな影響はありません。

ただ、ここまで細かいことをやっているメディアは閲覧者からの信頼性も高まるのではないでしょうか。