XCPとは|ビットコインのブロックチェーンを利用した仮想通貨XCP

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

アイキャッチはcounterpartyより引用

タイムバンクVALUなど、個人の時間や価値をお金に変えるようなサービスも生まれている昨今。

仮想通貨業界でもICOを利用して、トークンを独自に発行したり、トークンを利用して資金調達するプロジェクトや会社が増えてきました。

そして今では、仮想通貨を利用して、誰もが独自のトークンを発行できるようになりました。その仮想通貨の名は「XCP」。

一体どんな仮想通貨なのでしょうか。

誰でもオリジナルのトークンが作れる仮想通貨XCP

XCPとは、ビットコインのブロックチェーンを使用した仮想通貨です。2014年2月に260万枚発行されています。

通常のビットコイン取引の「余白に書き込む」ことにより、ビットコインのブロックチェーンを利用しています。

XCPの特徴

XCPの特徴は、何と言っても簡単にオリジナルのトークンが発行できることでしょう。今まで、企業も個人もオリジナルのトークンを発行しようとなると、開発費や人件費など、多額のコストが必要となっておりました。

しかしながら、このXCPを利用すれば誰でも独自のトークンを発行することができるのです。

実際に、Zaifトークンやビットコインクリスタルなど、有名なトークンも、XCPを利用して発行されたトークンです。

Proof of Burn(PoB)とは

XCPは発行される際、Proof of Burn(PoB)という仕組みを利用して発行されています。

PoBとは、誰も秘密鍵を知らないアドレスに仮想通貨を送金し、インターネット上で二度とそのコインを利用できなくし、新たなトークンを発行できるようになる仕組みのこと。

XCPは、ビットコインを永遠に封じ込める(Burn)代わりに、発行された仮想通貨で、最大発行量も決まっています。

XCPのメリット・デメリット

XCPを利用して新たな独自トークンが発行されると、PoBを採用しているため、XCPの市場流通量が減少していきます。そうすると、XCPの仮想通貨市場での希少性は高まり、価格が高騰化していくことが予測されます。

また、XCPは金融庁のホワイトリストにも載っています。国内で仮想通貨取引所を開くには、金融庁による「仮想通貨交換業者」としての登録が義務となっています。業者が登録を行う際、どの仮想通貨を扱うかを一緒に報告し、金融庁から認可を受けなければなりません。

つまりホワイトリストに載っているということは、金融庁の認可を受けた取引所が取り扱うことができる仮想通貨であるということなのです。

ホワイトリストに載っている仮想通貨は他に、ビットコインやリップル、モナコインなどがあります。

他にも、ビットコインと同じブロックチェーンを利用しているためセキュリティ性の面でも安心があります。

ただし、ビットコインのブロックチェーンを利用しているので、コイン詰まりが生じてしまうと、その影響がXCPの方にもきてしまったり、送金に時間がかかってしまいます。

それでも、今後のことを考えると保有するだけでもメリットなのではないでしょうか。

XCPの購入方法

 

XCPを取り扱っている取引所

XCPを取り扱っている国内の仮想通貨取引所はZaifです。

海外取引所でもPoloniexやBittrexなどで購入できますが、一度日本円をビットコインなどの仮想通貨にかえ、海外取引所に送金するといったように手間がかかります。

海外口座を持っていない方であれば、Zaifで購入することをお勧めします。

Zaifの口座開設はこちらから。なお、口座開設方法は「ビットコインおすすめの販売所をご紹介|気になる購入方法とは」を参照にしてください。

XCPを保存するウォレット

XCPを購入したら、ウォレットでの管理をお勧めします。ウォレットで管理をしておけば、もし万が一コインチェック事件のような事件が起きたとしても、被害を被らなくて済みます。

XCPを保管するウォレットとしては、「Counter wallet」もしくは「IndieSquare Wallet」をお勧めします。

これらウォレットは、XCPの保管やトークンの新規発行、保管などが可能です。もし、スマートフォンでの操作が多いということであれば、モバイル向けに最適化された「IndieSquare Wallet」をお勧めいたします。

Counter Wallet ダウンロード

IndieSquare Wallet ダウンロード

スポンサードサーチ

XCPが創る世界『トークンエコノミー』

オリジナルのトークンを個人や企業が発行すると、トークンエコノミーが形成されていくことが予測されます。

「トークンエコノミー」とは、仮想通貨(代替通貨)によって創られる経済圏です。トークンとは日本円やアメリカドルといった法定通貨の代わりに使用される「代替通貨」のこと。ブロックチェーン上で発行される独自通貨ともいわれ、発行するための技術さえあれば誰でもトークンを発行できるということが特徴です。

つまり、トークンエコノミーとは企業や個人が発行したトークンで様々な決済が行われる経済圏のことをいいます。トークンエコノミーは、個人での資金調達を可能にしたり、国の境目を超えたやり取りが容易にできるようにするなど、様々なところにインパクトを与えていくでしょう。

XCPは、まさにこの「トークンエコノミー」を創っていく仮想通貨なのです。

まとめ

誰もがオリジナルのトークンを発行できる仮想通貨「XCP」。今後、仮想通貨でのやりとりや独自トークンの発行が増えていくことでしょう。

その際、気軽に独自トークンを発行できるXCPの需要は高まり、その稀少性や価値は益々高くなっていくでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る